【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価

【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価


【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価
太陽光発電の工事単価としましては太陽光発電システムを導入するための工事価格をシステムの容量で割って計算をしていきます。
もし太陽光発電を導入しようと検討している人は、目安として工事単価を覚えておくと良いでしょう。 続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。
家庭で使用可能な太陽光発電システムが設置され始めた1994年頃には、1kw約200万円と非常に高価なものでした。
しかし現在ではそれも大きく変わり1kw65万円から67万円程度にまで価格が下がりご家庭でも導入しやすくなったのです。

住宅の屋根型や、システムの規模などなど太陽光発電の初期費用は各家庭で大きく異なっています。
まずは太陽光発電の設置業者に聞いたり、比較サイトなどを確認してみると良いでしょう。




【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価ブログ:30-7-2022

きのう、
フリーで仕事をしているわたしのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどわたしは一日悩み込んでしまいました。

「妻と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のわたしが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

わたし一人では答えが出せず、
思い切って妻に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
妻も答えが出せずにいました。

もちろん妻にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど妻の心の中にも、
「夫にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな妻の気持ちを知ったとき、
わたしは「はっ」と気付きました!

今までわたしは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもわたしは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを妻や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたわたしは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。

【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価

【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価

★メニュー

【お役立ちメニュー】固定価格買取制度と呼ばれている支援策
【お役立ちメニュー】価格低下が進んでいる太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電セミナーに参加してみては?
【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意
【お役立ちメニュー】太陽光発電のシステムと設置費用
【お役立ちメニュー】太陽光発電を設置することの問題点
【お役立ちメニュー】事前に様々な情報を集めておきましょう
【お役立ちメニュー】地球環境問題に貢献出来る太陽光発電
【お役立ちメニュー】太陽光発電の工事単価
【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュート


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)だから私達は太陽光発電で節電