【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュート

東京都の助成金制度についてですが、助成金を申請することの出来るのは太陽光発電の工事が完了し、太陽光発電の稼働開始後と定められています。
ですからJ-PECへの申込が受理されなかったとしても、自治体助成金の申請には間に合うことがあります。 一時全国の原子力発電所が停止しましたが、最近になってまた原子力発電所の再稼働が話題となっています。
福島第一原発の悲劇を繰り返さないためにも、太陽光発電を利用して電気事情に協力をしてみませんか?
自治体におきましても太陽光発電の助成金制度が導入され始めていますが、まだまだ限られた自治体だけとなります。
国の導入助成枠が埋まるようなことになってしまったら、自治体で利用出来る助成制度について確認をしておくようにしましょう。

 

太陽光発電システム以外にもエコキュートなど、国の助成金制度とは異なっているものもあります。
またその他の省エネ設備と一緒に設置しなければ助成金制度を受けることの出来ない自治体もありますのでご注意ください。

aws ssl
aws sslクリック
https://cloudpack.jp/service/aws.html



【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュートブログ:02-12-2022

皆さんは、
「きなこ減量」ってご存知ですか?

きなこを直接摂取するだけという非常に手軽な減量法…
それが、きなこ減量です。

牛乳などの飲み物やヨーグルトに混ぜたりして摂取できるので、
午前中食代わりに実践している人も多いようですよ!

きなこは周知の通り、
大豆から作られていますが、
大豆には、イソフラボンが大量に含まれていることは有名ですよね。

他にも、大豆サポニン、食物繊維や大豆ペプチドが豊富に含まれており、
高タンパクで色々な栄養素が含まれているので、
減量食材としては優等生ですね。

きなこには、基礎代謝を高めて、
脂肪の吸収を抑える効果があると言われています。

しかし、きなこ単品では、
減量効果はあまり期待できないようです。

また、短期間で減量効果を望むようなものではなく、
日常的に取り入れることで効果を発揮すると言われています。
食事に取り入れたりして、色々な工夫が必要ですね。
豆乳に混ぜて飲むのが理想的とされています。

どちらかと言えば、
きなこは減量食品というよりも
健康食品の意味合いが強い食品です。

でも、食事の30分くらい前に、
きなこ入り牛乳や豆乳を飲むことで、
食事の摂取量を抑える効果がありますから、
結果としてダイエット効果が期待できるわけです。

ただ、高タンパクではありますが、
筋肉を多少でも増強する運動を行わなければ、
その効果はそれほど期待できません。

やはり、食べるだけでなく、
筋トレなどの適度な運動も必要ということになりますね。

じゃんじゃん

ホーム サイトマップ