【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意

太陽光発電を導入する前に業者から年間予想発電量を提示してもらったり、確実な納期を確認しておくことは大切なことです。
見積もりをしてもらった時の価格と実際に支払う額が全く異なっているなんてこともあるようです。 病院や工場などなど多くの人が利用をしている施設の屋根に太陽光発電が設置しているのを見たことがあるかと思います。
計画停電が実施される可能のある現在、太陽光発電はまさに必須のエネルギー供給方法なのです。
太陽光発電を選ぶ時に注意をしておきたい業者の特徴は、購入者に十分考える余裕を与えなく、契約を急がせるということがあります。
契約書もメーカーや機器の型番などが記載されていなく、いい加減な書類もあるようですのでご注意ください。

 

格安で太陽光発電の導入が完了する予定だったのにも関わらず一般的な工事の倍ほどになってしまったという事例が実際にあります。
屋根をほとんど確認しないで「どんな屋根でも設置可能です」と強引に販売をしてくる業者も大変怪しいと考えましょう。



【お役立ちメニュー】悪徳な太陽光発電設置業者には十分に注意ブログ:23-11-2022

お子さんが幼稚園に入園したら、
母が弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
母の手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

母の手作り弁当であればこそ、
お子さんは母の母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
母に対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かに母たちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
母はお子さんに対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしもお子さんの心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

母がお子さんのために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
奥さんが夫のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

夫は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

奥さんとしては夫のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも奥さんが自宅で弁当を作れば、
夫は14時食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

奥さんが夫のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。


ホーム サイトマップ